• 01
  • 02
  • 03
  • 04

『THE KID』は、美容師が主役の会社です。

美容師一人ひとりが、自分たちのアイデアと努力で

会社を育ててきました。

いつかの経営幹部会議で、こんなことがありました。

会議室の隅っこで、会議の様子を眺めていたメンバー最年少のA君。

売上の伸びない問題店舗をどうするか?

その話し合いが終わる直前、社長は言いました。

「A君は何か意見ある?」

それまで黙っていたA君は答えました。

「僕だったらもっと上手くやれると思います」

次の日からA君は問題の店舗の店長になりました。

その当時、A君は違う店舗の店長もしていました。

元々いた店舗を拠点にして

そこで育成したスタッフを連れて、

問題の店舗を立て直します。

伸び悩んでいたスタッフも、

新しい環境でメキメキと力を発揮し

みるみるうちに、売上を2倍以上に伸ばしました。

その後、『THE KID』はスタッフを育てながら、

アメーバが増殖していくように

日本全国で店舗を増やしていったのでした。

またあるとき、こんなことがありました。

まだネイルが流行り出したころの話です。

「ネイルをやりたいです」と手をあげた19歳の女の子に

「じゃあ全部キミに任せるよ」とマネージャーは言いました。

コツコツとネイルを勉強し、

お客さまの爪をキレイにしてきた彼女は

2年目には、とんでもない売上をあげるネイリストに。

会社として本腰を入れて、

ネイル事業を立ちあげることになりました。

ちなみに当時19歳だった女の子は、

今は会社を飛び出しネイル業界の重要人物になっています。

ご紹介したエピソードはほんの一例。

若い力を信じて、背中を押す。

イチ美容師としてハサミを持つだけでなく、

垣根を越えていろんな仕事に挑戦できる。

これが『THE KID』のスタイルなのです。

01 | 02 | 03 | 04